債務整理コラム〜平塚の弁護士事務所・湘南平塚法律事務所の債務整理コラム

2017年6月16日 18時40分32秒 (Fri)

過払い訴訟の分断の論点

過払い訴訟でよく問題になる論点として、
取引の分断の有無の論点があります。

ここについては、最高裁判所の判決の解釈が問題となります。

すなわち、最高裁平成20年1月18日判決は、(a)第1取引の期間の長さ、 (b)空白期間の長さ、(c)第1取引の基本契約書の返還の有無、(d)カードの失効手続きの有無、(e)空白期間における貸主と借主との接触状況、(f)第2取引の基本契約締結の経緯、(g)第1取引と第2取引の利率等の契約条件の異同等の事情を考慮して、第1取引と第2取引が事実上1個の連続した貸付取引であると評価できる場合に、過払金の充当「合意」が認められるものと判示しています。

最近の消費者金融の傾向だと
(C)(d)(g)が争点となることが多いです。

裁判所の感覚だと空白期間が1年以上か否かで判断していることが多いのではないかと思われます。

しっかりと反論しないと負ける論点だと思いますので、しっかりとした反論が必要かと思います。

弁護士 大木秀一郎

2017年2月11日 16時46分08秒 (Sat)

アコムに対する過払い金請求、アイフルに対する過払い金請求、SKBCコンシューマーファイナンスに対する、過払い金請求、CFJに対する過払い金請求(平塚の過払いに強い弁護士事務所)

湘南平塚法律事務所の弁護士の大木です。
現時点での過払い案件は
アコム、アイフル、SMBC、CFJの順に多い状況です。
小職事務所は、強硬派の事務所(訴訟しないで少ない金額で和解をしない事務所)なので
基本的に全件裁判をして多くの金額を取り戻しにいきます。
訴訟をすると料金が上がるということもありません。

現時点での状況は
多くの場合 アコム 第1審中に和解ができる。
アイフル 控訴審判決または控訴審中に満額和解。
SMBC 第1審中に和解ができるが、弁護士案件は判決まで、
CFJ 現在第1審中が複数係属中。和解できる場合もあるが論点があると時間ががかかる。
   小職としては万が一負けたら高裁、最高裁まで戦う予定。

アコム、SMBCに比べて
アイフル、CFJは時間がかかるということになります。

今のところ、消費者金融相手の裁判はほとんど負けたことがないですが、
新しい論点のところで部分的に負けることは今後あり得るかなとは思っています。

弁護士 大木秀一郎

2016年8月22日 18時25分20秒 (Mon)

アイフル株式会社に対する過払い請求・訴訟の論点(過払い請求に強い法律事務所を目指して)(弁護士・過払い・平塚)

昔はアコムに対する裁判が多かったですが
現在はそれと同じくらいアイフルに対する裁判が増えてきている気がします。

といっても、過払い訴訟自体がへってはいるのですけれども。

アイフルに対して訴訟を提起すると反論で出てくるのが

悪意の受益者ではないという主張
時効の起算点の主張
民法704条の主張(税金の主張)
期限の利益喪失の主張
分断の主張
最近だと、適用利率の論点を予備的に主張してきますね。

最後の論点は、無知な裁判官だとアイフルよりの判決を書きかねないところですから
しっかりとつぶしておく必要はあると思います。
この論点もしっかり書いておけば負けることはありません。
現在のところ、上記論点で敗訴したことは一度もないですね。
控訴審が横浜地方裁判所になり、
第9民事部で勝利した裁判例を保持している関係で
簡易裁判所案件で控訴されてもひっくり返ることはないのかなと思っております。
地方裁判所案件は単独ではほぼないご時勢かなと思いますし

どのような主張がされても、しっかりと裁判例を研究し
しっかりと反論をしていくことが大事かなと思っております。

弁護士 大木秀一郎

2015年11月22日 18時29分52秒 (Sun)

クレディセゾンへの過払い金回収について(過払い金回収に強い弁護士を目指して)

クレディセゾンへの過払い金回収について

クレディセゾンは、履歴開示の段階で、弁護士が受任していれば、引き直した計算書を出してきます。
なので、同計算書を用いて満額を請求していきますが、
念のために当方でも引き直し計算を行うようにしています。
金額が増える場合もありますので。

しっかりと過払い金を返還する会社なので、
和解または判決をとれば、しっかりと払ってきます。
強制執行の場面を想定しなくて良い会社です。

返還時期については、裁判上の争点の有無によることになりますが、
ほかの会社よりは早期に解決することが多いと思います。

湘南平塚法律事務所
0463-22-4051
代表弁護士 大木 秀一郎

2015年11月4日 10時34分40秒 (Wed)

アコムに対する過払い金訴訟に強い弁護士・法律事務所なら湘南平塚法律事務所へ

アコムに対する過払い金回収状況(アコムに対する過払い金に強い湘南平塚法律事務所コラム)

当事務所は、ほぼすべての案件でアコムへの過払いについては訴訟で対応しています。
簡易裁判所案件、少額案件でも、訴訟対応します。
訴訟対応しない事務所は、消費者金融側から低額での和解案しか受けられないことが多いですから、
当事務所は、採算度外視で、少額事件も受けて、かつ、お客様が望めば訴訟しています。
アコムは、訴訟外ですと、低めの返還率での和解しか提案してきませんので、
訴訟外の交渉は時間の無駄であると考えています。
当事務所は、完全成功報酬(着手金・相談料無料)ですので、可能な限り大きな金額を回収するようにしています。
アコムは、アイフルと異なり、現時点では控訴されたことはないと記憶しています。
もっとも、法的な争点がある事件については、控訴されることもあるとは思います。
控訴されたとしても、別料金はいただかないで、控訴審もそのまま続行できます。

勝訴判決があれば、しっかりと過払い金を返還してきますので、強制執行まで行ったことはありません。
実際銀行口座などは把握していますので、強制執行による回収は可能であると思われます。

平塚市紅谷町3-3本陣ビル2階
0463-22-4051
湘南平塚法律事務所 弁護士 大木 秀一郎


代表弁護士ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

交通事故コラム

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

債務整理コラム〜平塚の弁護士事務所・湘南平塚法律事務所の債務整理コラム

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数